宇宙航空研究開発機構

「きずな」を使った東日本大震災支援の実績や現在共同で実施している自治体および防災機関との実験を紹介しています。

民間の新たな発想と主体性を大きく取り込むことにより、「きずな」の利用の更なる促進や将来の通信衛星へのフィードバックも見据えた実験を「社会化実験」と称し、実施しております。


トピックス

民間企業等が「きずな」を使って技術実証や衛星通信の利用検証を行う実験を紹介しています。

このページは、「きずな(WINDS)」衛星通信技術の特徴や主に宇宙航空研究開発機構JAXAが予定している実験計画や実験成果などについて事例を紹介し、
「きずな」を利用して実験を行う方、将来の利用を検討している方、衛星通信技術/情報通信技術に関心のある方への情報提供を目的としたものです。
IE9.0以上、Firefox最新版、Chrome最新版のウェブブラウザで動作を確認しています。